設計時にシミュレーションを活用して、革新的な製品を市場に投入

設計者、エンジニア、解析専任者のすべてが、機能豊富な統合型の仮想テストツールを設計ワークフローで直接利用できるようになりました。SOLIDWORKS Simulationで設計をテストすることによって、より高品質でコスト効果に優れた製品をより早く完成させることができます。

共有
 

SOLIDWORKS SIMULATION 2018

技術革新、評価、検証

イノベーションは、「もし~だったら?」とか「なぜ違うのか?」といった疑問がきっかけとなって生まれるものです。そのような疑問に対してある程度の確証がある答えを見出すために、これまでは時間と費用をかけて試作品製作と物理的なテストが行われてきました。今は設計者と解析専任者がSOLIDWORKS Simulationを使って、物理テストを実施しなくても設計を検証できるようになりました

SOLIDWORKS Simulationの各種ツールは使い慣れたSOLIDWORKS環境に統合されているため、臨時の設計担当者やエンジニアも専任の解析担当者と同様に、設計プロセスのどのステップにおいても仮想環境でアイデアをテストでき、性能や耐久性に関する深い考察ができます。SOLIDWORKS Simulationツール群は、完全統合型で、あらゆる組織のニーズに適合します。エンジニア チームと設計チームが協力して同時に作業を進めながら、変更があれば検証し、前の解析情報を再利用することも可能です。SOLIDWORKS Simulation 2018の新機能を見てみましょう

SOLIDWORKS Simulationの新機能

プラスチック部品の設計検証や複雑なマルチフィジクスの問題の検証にSOLIDWORKS Simulationを使用すれば、より高品質な製品をより早く低コストで市場に投入できます。

  • 軽量化トポロジー
  • Plastics メッシュ ジオメトリ
  • 自由局面流れのシミュレーション
  • マルチフィジクス問題の簡素化

設計において重量は常に結果を左右する要因です。トポロジー スタディにより、考慮しなくても重量を減らすことができます。

SOLIDWORKS Plastics内でSOLIDWORKSジオメトリを直接使用することで、より正確なジオメトリを利用でき、対象を限定したコントロールが可能になります。

SOLIDWORKS Flow Simulationを使って50フィートの船のアセンブリを評価し、船が水中で狙い通りの推進力を発揮し、外洋で最適な航跡波を作り出すこと、またそれを確認する方法を見てみましょう。

同時発生する物理現象の解決が必要な場合、SOLIDWORKS Simulationが役立ちます。車両のノイズプロファイルを理解しながら、RV車のアンテナが損傷を受けたり吹き飛んでしまわないことを確認するために、空気の動きと揚力の発生状態について検証する様子を見てみましょう。

  

SOLIDWORKSを今すぐ体験

SOLIDWORKSは、パワフルな新しい機能と強化により、卓越したモノづくりで終わらない環境を実現します。ぜひご確認ください。SOLIDWORKSを今すぐオンラインで体験しましょう!

part 2